【東洋大学 通信教育 2015】中国の古典(歴史) 課題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題内容
    テキスト102頁原文1行目「太史公(談)既掌天官、…」から106頁2行目「…訖百三十篇。(太史公自序)」までを読み、①104頁11行目上から16字目「退而深惟曰、…」から105頁4行目「…自黄帝始。」までの訓読と現代語訳を作成し、②司馬遷が自分自身と孔子の関係をどのようにとらえていたのか論じなさい。(2,001字以上、3,000字以内)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (書き下し文)
    退きて深く惟ひて曰く、夫れ詩書の隱約なるは、其の志の思を遂げんと欲すればなり。昔、西伯は羑里に拘はれて、周易を演ぶ。孔子は陳・蔡に戹して、春秋を作る。屈原は放逐せられて、離騷を著はす。左丘は明を失ひて、厥れ國語有り。孫子は脚を臏られて、兵法を論ず。不韋は蜀に遷りて、世、呂覽を傳ふ。韓非は秦に囚はれて、説難・孤憤あり。詩三百篇は、大抵、賢聖の發憤の爲作する所なり。此れ人、皆、意、鬱結する所有り、其の道を通ずるを得ず、故に往事を述べて、來者を思ふなり。と。是に於て、卒に陶唐以來・麟止に至るまでを述ぶ。黄帝より始まる。
    【語釈】
    ・戹(ヤク)「厄」の旧字。わざわい
    ・周易(シュウエキ)。周代に行われた占い法。または、『易経』のことを指す。
    ・臏(き‐る)。膝蓋骨の古名。ここでは臏刑、すなわち足の切断刑のことを指す。
    ※「遂」「逐」「遷」「聖」「述」「者」に関しては、テキストで旧字・正字・異字体が用いられているが、コンピューターに登録が無かったため、新字を用いた。
    (現代語訳)
     (処刑されて後、)退いて深く思いをひそめて言った。
     「そもそも、詩・書の義が隠微で言辞が簡約であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。