精神医学 第2回提出課題2 精神疾患の治療の流れについて

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数109
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2回提出 課題2 
    【精神疾患の治療】
    精神疾患の治療は、大きく分けて次の身体療法・精神療法・環境、社会療法・精神科リハビリテーションの4つである。
    そして、今日の精神科治療の中心は薬物治療である。薬物療法を行うに際しては、患者や家族に、薬物の効果や主な副作用について説明する必要がある。抗精神病薬は、第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)と第二世代抗精神病薬(非定形抗精神病薬)とに分かれる。これらは意識水準の低下を来たさず、妄想や顕著な幻覚、まとまりのない会話、または緊張病性の行動などの精神病症状に効果のある薬である。近年、錐体外路症状の少ない第二世代が普及している。但し体重増加など、第一世代にない副作用に注意が必要である。
    うつ病やうつ状態の治療薬には、抗うつ薬がある。抗うつ薬はパニック障害や強迫性障害、社会不安障害にも適応する。摂食障害や心的外傷後ストレス障害(PTSD)にも用いられる。近年は、SSRIやSNRIが普及している。それの副作用として嘔気・悪心、眠気等生じることがある。うつ病や統合失調症の睡眠障害には、睡眠薬が必要である。精神疾患で不眠が強い場合には、精神疾患への治療薬..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。