H27教育社会学(第1設題)A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数88
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
     これまで日本は「学歴社会」という言葉に良いイメージをもっておらず、「学歴社会」から受験などの言葉が連想されていた。良い大学を卒業すると官庁・優良企業への就職が可能になるため、小学校の頃から将来のために受験勉強を行うといった受験戦争へという連想もされており、「学歴社会」から「教育格差」の問題へもつながる社会となっている。また、その人間が内面的にもつ「本来の資質」を考慮せずに、うわべの「勉強ができるかどうか」だけでその人間を評価する理不尽でかつ非人間的な社会として語られることが多かったからだ。このような学歴社会の批判から、学歴社会の崩壊が盛んに叫ばれている。しかし、これまでに学歴社会が重んじられてきたのにも、それなりの理由があるはずだ。その歴史を無視し、単に学歴社会から非学歴社会化しても、いじめや不登校など様々な教育問題を一気に解決できるとは考えられない。そこで、もともとは、「学歴社会」とはどのような経緯で始まったのか、「学歴社会」とは何かを、「学歴社会」から「教育格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。