援助技術論Ⅱ 排泄にかかわる援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    上記の通りのレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    援助技術論Ⅱ
    「排泄にかかわる看護援助について考えたこと」
      排泄に関することには羞恥心を伴い、自ら異常を感じたとしても、排泄の障害の不安感がその個人の中での一線を越えたときに病院へ行く人が多い。それにより病態が悪化し、治療や援助が必要になってしまった人も少なくないはずだ。すなわち羞恥心が疾病の原因の一つになっているのだ。排泄ケアでは羞恥心が切り離せないことは間違いない。排泄の援助をうける事になった患者にとって、羞恥心と欲求、我慢の3つが密接につながっている。恥ずかしいが排泄はしたいから我慢する。しかし患者の羞恥心を可能な限り我慢をさせないような援助は出来ないのだろうか。私はそこにアセスメントが関与していると考えた。
     排泄においてはアセスメントが難しいと感じた。ペーパーペイシェントだったせいもあるが、感染や失禁等のリスクを考えると次から次へとした方が良いのではないかと思うことが増えていき、看護師は葛藤する。かつそこに患者の羞恥心など心理的側面も大きく関わってくる。アセスメントでは単に身体に現れた症状が、どこがどういう状態になって現れたものなのかを知るだけではいけない。その患者がどこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。