援助技術論Ⅱ 検査に関わる援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数252
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    上記の通りのレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    援助技術論Ⅱ
    「検査に関わる看護援助について考えたこと」
     検査は検体検査と生体検査に分類される。生体検査は画像検査、生理機能検査、内視鏡検査に分かれる。これらは体内の活動を調べる検査といえ、患者自身を対象とする検査である。一方、検体検査は尿検査, 便検査, 血液検査などで、これらは体液や代謝物を調べる検査であり、患者から検体材料を採取して行う検査である。今回の演習では血糖検査患者の採血という事例であった。これは検体検査に分類される。よって、今回のレポートは検体検査を主にしてまとめていこうと思う。静脈血採血で学んだ点、感じた点に触れながら検体検査に大切なポイントを以下にまとめた。
    検体検査では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。