奈良教育大 指導と評価 レポート課題 A判定

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数298
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    指導と評価 レポート課題
    ①授業の内容をA4二枚以上三枚以内にまとめる
    1)教育評価の定義
    教育評価とは、子どもに対して教師が行う評価のことであり、教育評価の目的は、子どもの学力を改善することにある。
    評価活動は一般的には、教師が自分の指導の効果や生徒の学習の成果を評価し、指導に生かすことを通して授業内容を完全に理解させることを目指している。ブルームの完全習得学習理論(マスタリーラーニング)が有名である。完全習得学習理論では、「指導と評価」を一体的に考え、評価は指導のための手がかりを得る手段とされる。「診断的評価」・「形成的評価」・「総括的評価」の3つの評価を通して、ほぼ全ての学習者に一定水準以上の学力を保証することを目的としている。
    学校教育の過程ではさまざまな段階での評価がある。近年、ますます多岐・多様になってきている。何のために、何を評価しようとするのかにより、評価の内容も大きく変わってくる。
    年度初めなどに行われる診断的評価、授業中の態度や意欲などの評価、宿題・課題・提出物の評価、授業の区切りごとに行われる到達度テストなどの形成的な評価、中間・期末テストなどの総括的な評価など。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。