【明星大学】道徳教育指導法(中学校)1,2単位分 【2012・2013年度、2014年度一部非対応】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数181
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1単位、2単位セットになった合格レポートです。総合評価「優」です。参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の指導法(中学校)
    【 1 単位目 】
    1.道徳の意義と道徳教育の必要性について論述せよ。 【 2012 年、2013 年、2014 年 】
    道徳の意義は、いろいろな角度から捉えることができるので、一つの捉え方だけに捉われることのない
    ように注意してほしい。テキストでは、社会規範としてみた道徳の意義を論じてある。一つの見方として
    考えてほしい。また、 道徳教育の必要性は、本来的な必要性と現実的必要性の2つの側面に分けて論ず
    るとよい。現実的必要性は具体 例を用いるとよい。
    道徳とは、道:人が従いふみ行うべき道(社会規範)を示し、徳:道を悟った立派な行為、善い行いを
    する性格あるいはそれを体得した状態を示す。これら道徳は、社会の中で生きる人間として必要不可欠
    な要素でるため、道徳心を持ち合わせていない児童・生徒への道徳教育も必要不可欠な物であることが
    言える。広辞苑第六版による“道徳”の意味は、「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に
    対する、あるいは成員相互間の行為の善悪を判断する基準として一般的に承認されている規範の総体」
    とされている。人間とは、字のごとく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。