道徳教育の理論と方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数84
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    道徳教育の理論と方法 科目コード T21300
    道徳教育の研究 科目コード T21400
    平成27-28年度の合格レポートです。

    中学校における現行の「道徳教育」全体の目標に若干言及しつつ、それに沿って「道徳の時間」の目標、内容、指導方法について論述しなさい。(1600字以下は不可です)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の理論と方法 科目コード T21300
    道徳教育の研究 科目コード T21400 分冊1
    中学校における現行の「道徳教育」全体の目標に若干言及しつつ、それに沿って「道徳の時間」の目標、内容、指導方法について論述しなさい。(1600字以下は不可です)
    ポイント
    週一時間行われる「道徳」は、思春期にある生徒にとって人間らしい学校生活を送るうえでどういう役割を果たすのか。
    キーワード
    道徳教育の目標、道徳の時間の目標・内容、道徳の時間の指導方法
    参考文献 通信教育教材 道徳教育の理論と方法 道徳教育の研究 
    小野健知 藤原政行 山村俊夫 笹井和夫
    道徳教育の目標として以下の六つが掲げられている。1人間尊重の精神と生命に対する畏敬の念を培うこと。2民主的な社会及び国家の形成発展に努める人間を育成すること。3個性豊かな文化の創造に努める人間を育成すること。4平和的な国際社会の実現に貢献できる人間を育成すること。5主体性のある日本人を育成すること。6道徳的心情、道徳的判断力、道徳的実践意欲と態度などによって構成される道徳性を養うこと。
    これらの道徳教育の目標に沿って、道徳の時間の目標は定め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。