英米事情2

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数57
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信の英米事情2の合格レポートです。
    平成27-28年度版です。
    ヴィクトリア朝に関する和訳は、アメリカに住んでいた私でも上手な日本語に直すのが少し難しかったため、ネイティブに助けてもらいました。
    このレポートは参考文献を書かなくてはいけないのですが、それも書いてあります。
    しかし、決して丸写しはせず、ご自分で参考文献はご確認ください。
    一度で合格を頂いたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米事情2 科目コード N31600 分冊1
    イギリスの文化・芸術が最高潮を迎えた時代の一つが「ヴィクトリア朝」と呼ばれた時代である。そこで、テキストp18” The Victorian Age(第三章)の第一段落を構文に忠実に和訳し、それに続いてこの「ヴィクトリア朝」がどのような時代であったのかを3章に言及されている事柄に関連してイギリス国内に起きた変化を表す歴史的事実関係に具体的に複数言及し、論述せよ。
    ポイント
    テキスト第三章の情報を踏まえたうえで、具体的事象を例示して論証することがポイントとなる。第三章にて言及されている事柄のいくつか(最低でもひとつ)について他の文献などを参照し、関連事項を含めた解説を展開した後、最終的に学習者各自の「ヴィクトリア朝」理解につとめること。
    参考文献
    Understanding Britain A history of the British People and their Culture
    John Randle Edited with Notes by Kazuyuki Deto
    Nan’un- Do
    イングランド 目で見る世界の国々 45 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。