発達と学習 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数189
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    例の使い方がうまく、わかりやすいレポートになっていました。との高評価を頂き合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達と学習 T10500 分冊1
    学習における動機づけの役割について、キーワードを用いて論述しなさい。
    (ポイント)
    まず動機つけとは何かを説明したうえで、各種動機づけの特徴を明確にし、それらが学習指導の中でどう活かされるのかを論述すること。
    (キーワード)
    内発的動機づけ、達成動機、学習指導法
    参考文献 教職をめざす人のための教育心理学 藤田主一 楠本恭久 編著 福村出版
    伊坂裕子 横川ひさえ 田之内厚三 久我隆一 三村覚 齋藤雅英 山田清陽 岡部康成 著
    例の使い方がうまく、わかりやすいレポートになっていました。との評価を頂きました。
    動機づけとは、「行動の理由を考える時に用いられる大概念であり、行動を一定の方向に向けて生起させ、持続させる過程や機能の全般をさす(中島義明他編:心理学辞典)」と定義される。我々の行動の背景には、理由があり、その理由、つまり動機を満たすためにどんな行動をすればいいのか、そしてその行動の結果を考えて動くことになる。例えば私が歌手になりたかったら(動機)、歌の練習をがんばってオーディションを受けよう(方法)、そうしたら歌手になれる(結果)という一連の流れに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。