教育の方法・技術論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数50
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書に学びながらそれをまとめる形でまとめられていました、との評価を頂き一度で合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の方法・技術論 科目コード T21700 分冊1
    よりより授業計画を作成し、効果的な授業を実施するにはどのような工夫が必要か、教育方法学上の多くの観点から考察し、論述しなさい
    参考文献 日本大学通信教材 教育の方法・技術論 壽福 隆人
    よい授業を行うための工夫を、授業形態や教育方法学の歴史、そして授業技術や教材研究という観点から考察していく。
    まず、授業形態は三つある。一つ目は一斉学習で、一つの場所に生徒が集まり、同じ目的を持って同じ内容を同時に学習していく方法だ。長所は低コストと集団思考であるが、短所は詰め込み型で、個人差に対応できないことである。二つ目は個別学習で、生徒一人ずつの学力や興味、目標に応じて教授をする方法だ。長所は個人差に対応しやすく、教師との距離が近いこと、短所はお金と教師の労力がかかることや社会性にかけることである。最後は小集団学習で、学級を数個のグル―プにわけ、それぞれ目標を持たせて学習する方法である。長所は積極的な発言を促せることや協力する力の育成であるが、短所は能力の優れた子どもに頼ってしまうことだ。
    では、授業形態と集団の編成・指導は教育方法学の影響を受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。