教育相談・教育カウンセリング論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数66
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    あなたの論述はテキストにそった形で、4つの課題をそれぞれ理解し、うまくまとめられていましたと評価をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1~4までのすべての課題について論述せよ。
    カウンセラーに求められる基本的態度について論述せよ
    教育相談の意義・目的、その必要性について論述せよ
    学校教育相談の歴史と理念、学校教育相談が必要とされる背景・要因を論述せよ
    学校教育相談の担当教師が相談する、児童生徒の諸問題にはどのようなものがあるかについて論述せよ
    参考文献 通信教育教材 教育相談 教育カウンセリング論 植松紀子
    カウンセリングとは、悩みを持っている人を受け入れ、耳を傾け、そして前向きな姿勢に導くことである。ロジャーズによると、カウンセラーに求められる基本的態度は、「純粋」「受容」「共感」である。「純粋」はクライアントとの関係で嘘のない姿でいること、真実でいること、一致していることである。「受容」とはクライアントをそのまま受け止めることである。そして「共感」とはクライアントの痛みや悩みをまるで自分のことのように捉える姿勢のことである。この基本的態度を持ち合わせ、教育相談を行う必要がある。
    教育相談の意義とは、相談面接によって教育に関する問題や課題を持つ学生を支援する過程のことである。教育相談の目的は、子どもが簡単にいつでも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。