2015論文集

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数86
閲覧数232
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第一章 選挙について
    一節 はじめに
     この論文集では、様々な「選挙」問題を取り上げる中で、選挙のあり方や国民の民意といった問題に切り込んでいきます。
     そもそも「選挙」は、民主政治の基本であり、日本国憲法の「前文」の「日本国民は、政党に選挙された国会における代表者を通じて行動し、(中略)政府は政府の行為によって再び戦争の惨禍がおこることのないやうにすること決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」を前提として、国民を主権者とし、直接または代表者を通じて国の政治に参加する権利が与えられています。選挙は主に国会の衆参両院選挙、一般の選挙(地方選挙や地方公共団体の長の選挙)、特別の選挙(国政/地方選挙の再選挙や補欠選挙)などがあります。
     本章では、「選挙」についての基本的な知識を確認するとともに、日本における選挙問題(政治的無関心、投票率の低下)を取り上げ、新たに成立した“ネット選挙”や“18歳選挙権”についても考察していきます。
    二節 参政権・選挙権について
     参政権は、主権者である国民が直接的または間接的に国政に参加する権利のことです。この参政権には、選挙権..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。