【社会心理学】1単位&スクーリング試験セット 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数107
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【社会心理学】1単位目&スクーリング試験 合格レポート
    1単位目は2000字程度、スクーリング試験は、4課題あり、1課題1000字程度でまとめてあります。

    ●1単位目 良判定
    「対人認知における歪みがなぜ生じるのか、自分自身が経験した事柄をあげながら説明しなさい。また、その克服方法について自分の考えを述べなさい。」


    ●スクーリング試験 優判定
    1 ある人物に対する印象を修正することの難しさについて認知的倹約家としての人間という視点から考察せよ。
    2 これまでに経験した態度変容について認知的不協和の観点から考察せよ。
    3 援助行動と攻撃的行動に及ぼす状況要因の影響について、具体例を挙げながら考察せよ
    4 少数派と多数派が社会に及ぼす影響について、具体例を挙げながら自分自身の考えを述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【社会心理学】1単位&スクーリング試験セット 合格レポート
    【社会心理学】1単位目 良判定
    (課 題)
    「対人認知における歪みがなぜ生じるのか、自分自身が経験した事柄をあげながら説明しなさい。また、その克服方法について自分の考えを述べなさい。」
    (解 答)
     認知とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などいわゆる五感を通じ、外から入ってきた刺激の情報を脳の中で知識(記憶、想像、思考、推理、判断など)とつきあわせて外界の物的な環境を認めて理解し、そして知ることである。これは対人認知でも無意識に使われている。ある人物を判断する場合、我々に可能なのは、行動を通して他者の性格や能力を知ることであり、その行動から推測して内面の特徴を作り上げているのである。このように認知は五感を使うことから、判断される側より、判断する側の要因が大きく影響するのである。私たちが他者に対して抱く印象はどのぐらい正確なのだろうか。これまでの研究ではこの点については否定的であり、他者の性格をどのような場合にも正確に判断できる人などほとんどいないのではないかと考えられている。それは、私たちには、他者をあるがままに見るのではなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。