児童青年心理学 3単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数33
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童青年心理学3単位目 可評価
    (題名)
    以下の3つの概念をそれぞれ解説しなさい。
    ① 心理的離乳 ②早期完了型アイデンティティ ③ライフキャリア

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童青年心理学  3単位め  
    (課 題)
    以下の3つの概念をそれぞれ解説しなさい。
    心理的離乳 ②早期完了型アイデンティティ ③ライフキャリア
    (解 答)
    1 心理的離乳
    心理的離乳とは、思春期・青年期にみられる、周囲の大人への従順・依存からの自立へと向かう動きのことで、ホリングワース(1928)の提唱した概念である。青年期になり、それまでの両親への依存から離脱し、一人前の人間としての自我を確立しようとする心の動きのことで、批判的・反抗的傾向が強い時期であるため、第二次反抗期とも呼ばれる。このような子どもの心理的、行動的変化に対し、周囲の大人たちは無理解にふるまい、権威で対抗することが多い。しかし、多くの場合、さらなる反発や反抗を生じかねない。
    私自身も、中学生から高校生ぐらいの間に、このような経験をした。親の行動や言動がどんなことでもイライラしてきて、言葉での反抗を幾度となく行った。親からすれば、「親になんてことをいうのだ」と返してくるばかりで、権限を保持しているようにしか見えなかった。私も自分の考えを通し、「俺はこう思う、俺ならこうする」などのように、自己の意見を主張した。しかし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。