学習心理学 2単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数49
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学習心理学2単位目 良評価
    (題名)
    「学習心理学の知識を応用してください。
     持込み不可の試験に合格したい時に効果的な記憶を高める方法と忘却を防ぐ方法とを具体的に述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習心理学  2単位め  
    (課 題)
    「学習心理学の知識を応用してください。
     持込み不可の試験に合格したい時に効果的な記憶を高める方法と忘却を防ぐ方法とを具体的に述べなさい。」
    (解 答)
     人間の記憶は二重貯蔵モデルが関係していると考えられる。記憶された情報は、大きくは「短期貯蔵庫」と「長期貯蔵庫」という2つの場所のどちらかにある。「短期貯蔵庫」で保持されている情報は「短期記憶」であり、「長期貯蔵庫」保持されている情報は「長期記憶」である。「短期記憶」は、頭の中で意識的に注意を向け保持している情報であるが、一度に保持できる情報量や保持できる時間には限界があり、この限界を超えた情報が与えられると「覚えようとしていても、覚えきれない」といった状態になるのである。また、「短期記憶」は意識を向け続けないと時間の経過とともに忘れ去られるという特性がある。「長期記憶」は、頭の中で安定して保持されている情報である。例えば、「比較的長い間覚えている」情報、「思い出すことのできる」情報であるといえる。また、保持できる量に限界がなく、それまでに経験したことや学習した知識など多くの情報が含まれるのであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。