児童青年心理学 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数42
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童青年心理学1単位目 優評価
    (題名)
    「幼児期から児童期に移行すると、経験を通して自己の広がりと深まりがいっそう増す。児童期の発達の特徴を、知的機能と社会性の発達の両面から述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童青年心理学  1単位め  
    (課 題)
    「幼児期から児童期に移行すると、経験を通して自己の広がりと深まりがいっそう増す。児童期の発達の特徴を、知的機能と社会性の発達の両面から述べなさい。」
    (解 答)
     知能機能の発達をピアジュの理論にならい述べる。人の思考の発達にはいくつかの節目があり、ピアジュの発達段階説では、2歳、7~8歳、11~12歳とされる。誕生から2歳頃までの時期は、五感を中心とした感覚と身体を動かす運動の両方を使いながら周りの世界を知っていく(感覚運動の時期)。2歳~7、8歳になると、物事を実際に動かさなくとも頭の中で考えることができるようになる(前操作期)。しかし、認識には時間がかかり、間違いがあるなど、まだ完全ではない。また、この時期は自分の立場からの見方、感じ方にとらわれる傾向が強く、他人が自分と違う見方、感じ方をしていることがまだわからないという「自己中心性」がある。自分がみた夢はみんなも見たと思うことや、自分の心の中で考えたことが実際に起きるのではないかなど、心の中と現実が混同することもある。さらに、「ぬいぐるみが喜んでいる」「缶が潰されて痛がっている」のよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。