学習心理学  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数70
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学習心理学スクーリング試験4題 優評価
    (題名)
    1 パブロフの古典条件付け研究の歴史的な背景とその研究内容、その後の応用的な研究成果を分かりやすく説明しなさい。
    2 スキナーのオペラント条件付け研究の歴史的な背景とその研究内容、その後の応用的な研究成果を分かりやすく説明しなさい。
    3 条件付けの生物学的制約について具体的な例をあげて説明しなさい。
    4 アトキンソンとシフリンの二重貯蔵庫モデルについて説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学習心理学 オンデマンド・スクーリング試験」
     
    問1 パブロフの古典条件付け研究の歴史的な背景とその研究内容、その後の応用的な研究成果を分かりやすく説明しなさい。
     古典条件付け研究の始まりは、パブロフが消化の研究をしているときに、唾液の分泌物
    は食物を摂取しただけでなく、食物を運ぶ人の足音を聞いたり、食物を見ただけでも唾液
    が分泌されることに着目したことから研究が開始された。
     研究の内容は、犬に餌を与えるときにメトロノームの音を聞かせて唾液量を測定するも
    のであった。はじめのうちは、犬はメトロノームの音に注意を向けるだけで、餌を与えら
    れてから唾液を分泌した。しかし、これらの行動を繰り返すと、犬は餌を与えられる前に
    メトロノームの音を聞いただけで唾液を分泌するようになった。このようなある条件に
    よる反射を条件反射といい、餌に対する唾液の分泌は生得的なものであり、無条件反射と
    いう。これらの反射の強さを区別するためには、対提示を行い唾液の分泌量を観察すれば
    よい。このような刺激の対提示による反射の変容のない手続きないし現象を古典条件付け
    という。また、条件刺激と無条件刺激の時間的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。