老年心理学  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数36
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    老年心理学スクーリング試験5題 良評価
    (題名)
    1 記憶に関する基本的な考え方についてまとめ、高齢者の記憶の特徴について述べなさい。
    2 加齢に伴う感覚・知覚機能の変化を具体例を挙げて説明しなさい。
    3 高齢期のパーソナリティ変化について影響を与える要因について、具体例を挙げて説明しなさい。
    4 認知高齢者のケアのあり方について、QOLの視点を入れて自分なりの意見を述べなさい。
    5 加齢による知的機能の変化について、研究方法の特徴を踏まえ、知能と老化に関する現代の見解について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「老年心理学 オンデマンド・スクーリング試験」
     
    課題1 記憶に関する基本的な考え方についてまとめ、高齢者の記憶の特徴について述べなさい。
     
    記憶には、短期記憶と長期記憶がある。短期記憶は、感覚記憶とあわせて一次記憶と呼
    ばれ、長期記憶は二次記憶と呼ぶ。記憶に関する基本的なモデルとして支持されているの
    がアトキンソンとシフリンの考え方である。
    多重貯蔵庫の概念を用いて記憶について説明すると、感覚記憶は、短期貯蔵庫に移され
    ないと一秒未満で消えてしまう短い記憶である。感覚貯蔵庫に入ってくるのは、情報の中の注意を向けられたごくわずかなものであり、そこに記憶される量もごくわずかである。また、感覚貯蔵庫では次の短期貯蔵庫での情報処理をしやすくする。短期記憶とは、感覚貯蔵庫から送られてきた情報を数秒から数十秒くらい一時的に覚えておくことである。短期記憶は、その場限りの価値しかない記憶であり、情報を沢山保管することはできないが、人がコミュニケーションを行う上などで重要な役割を果たしている。長期記憶とは、短期貯蔵庫から送られてきた情報が分類・体系化され長期貯蔵庫に保存されるものであり、数分から数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。