臨床心理学 4単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数19
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    臨床心理学4単位目 良評価
    (課題)
    「無意識について、フロイトの考え方とユングの考え方と比較して論じたうえで、無意識の働きについて身近な例を挙げて説明せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床心理学  4単位め  
    (課 題)
    「無意識について、フロイトの考え方とユングの考え方と比較して論じたうえで、無意識の働きについて身近な例を挙げて説明せよ。」
    (解 答)
    日常生活の中で、我々は固く口止めされていたことを、無意識のうちに人に口を滑らせてしまったとか、入学試験の合格発表を見に行き、大勢の中で無意識のうちに喜びを表現するなど、無意識という言葉をよく使う。これは自分がそうしようという意識のもとで起こした行動ではなく、自分が意識していない何かの力によって生じた行動であることを意味している。この無意識についてフロイトとユングの考え方を論じ、さらに、無意識の働きについて身近な例を挙げて論じる。
    人間の心における無意識過程の重要性を唱えたのはフロイトであった。彼は、人間のいろいろな錯誤行動、夢、ヒステリー症状などの研究から、人間の精神活動には、意識上の過程の他に意識下の過程があり、さらに後者には、前意識と無意識の過程があると考えた。さらに人格は、イド(エス)・自我・超自我の3領域からなり、一定の心的エネルギーが3領域に配分される程度によって人格の特徴が生じるとした。「フロイトはさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。