法の基礎 2単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数10
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本人権社会法律内閣裁判行政国会

    代表キーワード

    憲法行政法の基礎

    資料紹介

    法の基礎2単位目 優評価
    (課題)
    統治機構について論じてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の基礎(日本国憲法を含む)  2単位め  
    (課 題)
    統治機構について論じてください。
    (解 答)
    1 国会
    国会は衆議院と参議院からなり、その構成員である衆参両議院が国民によって直接選挙されることから、憲法は、国の最高機関であり、唯一の立法機関として位置づけている。このため、理論上は国会が内閣や裁判所より優位に立つことを意味している。なお、国会は憲法改正を発議できる唯一の機関である。(総議員の3分の2以上の賛成後、国民投票により過半数の賛成があった場合のみ改正可能)
    (1)議員の任期
    衆議院で4年、参議院では6年であるが、衆議院が内閣により解散させられたときは、4年より短い期間となる。
    (2)国会が開催される時期
    毎年1月に召集される常会、必要があるときなどに内閣が召集する臨時会、衆議院解散により総選挙の30日以内に召集される特別会の3つに分類される。
    (3)国会の役割
      ① 法律の制定
        法律案を審議し、出席議員の過半数でその採否を決める。法律の成立には両院での可決が必要であるが、衆議院で可決した法律案を衆議院が否決した場合、衆議院の3分の2以上の多数で可決すれば法律と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。