法の基礎 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数18
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本福祉人権経済社会文化健康

    代表キーワード

    社会福祉経済法の基礎

    資料紹介

    法の基礎1単位目 優評価
    (課題)
    日本国憲法の基本的人権について論じてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の基礎(日本国憲法を含む)  1単位め  
    (課 題)
    日本国憲法の基本的人権について論じてください。
    (解 答)
    1 基本的人権の制度趣旨
     天皇が絶対的権力をもっていた旧憲法においても「臣民の権利」が与えられていたが、これは法律などによっていつでも制限・剥奪されるものであった。その結果、政府にとって都合がいいようになり、多くの人権侵害が引き起こされた。そこで、日本国憲法は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果である基本的人権の尊重を基本原理の一つとし、基本的人権の永久不可侵性を掲げたのである。したがって、今後いかなる改正がされようとも、基本的人権は尊重され続けなければならない。しかし、公害問題等で明らかのように、基本的人権の侵害は一般人や私企業によっても引き起こされ、この問題について直接効力をもちうるのかが問題とされている。
    また、基本的人権は、日本国民だけを保障するものではなく、国際人権規約にもあるように、憲法が保障する基本的人権のほとんどは世界の多くの人々にも保障されるべきものである。ただし、参政権等のいくつかの人権については、保障が否定されたり、一部にとどまるとされるもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。