法の基礎  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数13
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法の基礎スクーリング試験 優評価
    (課題)
    日本国憲法第13条「個人の尊重」を、「差異」「存在自体の価値」「幸福追求権」の視点から具体例を挙げて論ぜよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「法の基礎(日本国憲法を含む) オンデマンド・スクーリング試験」
     
    課題 日本国憲法第13条「個人の尊重」を、「差異」「存在自体の価値」「幸福追求権」の視点から具体例を挙げて論ぜよ。
     日本国憲法第13条「個人の尊重」において、「すべて国民は個人として尊重される」と
    ある。いうなれば、ひとりの人間の存在を認めて、人それぞれが持っている価値を等しく
    認め合うことである。この「個人の尊重」を、「差異」「存在自体の価値」「幸福追求権」
    の視点から論ずる。
    人間は性格・身体条件・仕事・家庭環境などによりそれぞれ個性が違う。よく自分と同
    じ人間は世界に3人はいると言われているが、ほとんどの場合、自分と全く同じ個性を持
    った人間に出会った経験がないはずである。逆に自分と同じ個性を持った人間が多数存在
    した場合どうだろうか。人口1万人の地域に自分と同じ個性を持った人間が5千人存在し
    たとする。そうすると社会生活は成立しない可能性が高い。職業においても同一の職種が
    多数存在することにより、市場のバランスは保つことは難しくなり偏りが発生する。また、
    病気も怪我もしたことがない人間であった場合、医療機関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。