認知心理学 3単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数21
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    認知心理学3単位目 優評価
    (課題)
    「理解の構造、応用のためにはなぜ理解が必要なのか、について考えを整理して述べてください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知心理学  3単位め  
    (課 題)
    「理解の構造、応用のためにはなぜ理解が必要なのか、について考えを整理して述べてください。」
    (解 答)
    幼い子どもは、よく親に「どうして」、「なんで」などと尋ねることが多い。分からないことがあると両親に尋ねるが、大人になるにつれて質問する回数は減少していく。なぜ、大人になると質問する回数が減少するのか。これは、幼い頃は、知識や経験に乏しいが、幼稚園から高校、大学までの教育を通して知識の取得、社会経験などを通しての経験が蓄積するためである。幼稚園などの教育機関に入る前は、両親が家で教育を行い子どもは発達していく。子どもは疑問点を持つと両親に尋ね、親がそれに答えることにより問題解決され知識が習得されていく。新しい知識が身に付くとさらに疑問点が生じて質問を繰り返し行い、知識が蓄積されていくのである。学校教育では、読み書きなどを習い、さらに友人関係などを通して知識を習得する。すると、テレビなどを見ても今まで理解できなかったことが分かるようになり、さらに知識が増えることにより新たな疑問点が生じることになる。
     人間が成長するのに必須の知識であるが、物事を理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。