地域福祉論 4単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数44
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉論 3単位目 良評価
    (課題)
    下記について各500字程度で説明しなさい。
    ① 「福祉教育」の目標と方法について
    ② 「NPO」と「ボランティア」の関係について
    ③ 「コミュニティソーシャルワーク」について
    ④ 民生委員制度について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉論  4単位め  
    (課 題)
    下記について各500字程度で説明しなさい。
    「福祉教育」の目標と方法について
    「NPO」と「ボランティア」の関係について
    「コミュニティソーシャルワーク」について
    民生委員制度について
    (解 答)
    1 「福祉教育」の目標と方法について
    福祉教育の目標
    福祉教育は、教育と福祉というそれぞれの分野が連携し、推進を図り、福祉教育の普遍化・一般化を促進していくことが重要であり、人格の形成とともに社会形成に果たす重要な意義を持っている。福祉教育は、「共に生きる力」の育成を通して福祉のまちづくりのための住民主体形成を図ることをねらいとし、他者とともに課題に気づき、考え、実践していく力を形成していくこと、「共生」の考えを進めていくことを目指している。
    (2)福祉教育の方法  
    地域社会が持つ生活問題を解決するために、住民が生活実感の中から学習を積み上げていくという視点及び住民相互の日常的な生活感を磨き合うことが必要である。さらに、行政責任による福祉サービスの拡充とあわせて、住民が身近な生活問題を解決していく相互支援活動を活性化する必要がある。内容として、住民が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。