地域福祉論 3単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数37
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉論 3単位目 良評価
    (課題)
    「地域福祉実践における福祉ニーズに基づいた社会資源活用法・調整・開発について述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉論  3単位め  
    (課 題)
    「地域福祉実践における福祉ニーズに基づいた社会資源活用法・調整・開発について述べよ。」
    (解 答)
    1 ニーズを把握する方法と調査
    (1)様々なニーズ
    ニーズとは一般的に欲求、要求、需要等と訳されている。社会福祉の領域においては様々な課題を抱える人々に対するサービスの提供や何らかの支援の必要性を客観的に示す重要な概念である。社会福祉の専門的立場からとらえたニーズをノーマティブニーズという。これに対して要支援者が感じているニーズをフェルトニーズという。地域福祉の政策との関連からとられた場合、潜在的ニーズと顕在的ニーズという分類の視点も重要である。
    (2)調査の重要性
    社会福祉法第109条において市町村社会福祉協議会の事業が定められているが、事業を行うためにも、地域における様々な福祉課題やニーズを適切に理解・把握し、その効果的な改善や解決を目的とされなければならない。そのために、様々な調査法の知識と技術の習得とその有効な選択・活用が地域福祉を推進するために重要な手段となる。
    (3)調査の方法
    調査の方法は2種類ある。1つは量的調査で、多数の調査対象に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。