地域福祉論  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数44
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉論スクーリング試験 良評価
    (課題)
    「戦後の地域福祉に関する歴史的経緯をふまえ、今日の地域福祉の原理とこれを実現するために期待される社会福祉協議会と行政の役割について述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉論 オンデマンド・スクーリング試験」
    「戦後の地域福祉に関する歴史的経緯をふまえ、今日の地域福祉の原理とこれを実現するために期待される社会福祉協議会と行政の役割について述べよ。」
    1 地域福祉の歴史
     日本の戦前の農村社会では、血縁や地縁で強く結びついており、農作業等の生産労働や余暇活動を含む生活のあらゆる面を共同し合っていた。しかし、戦後になると、社会の近代化、工業化、都市化、核家族化によって、戦前の共同体的なコミュニティは壊れていった。工業や商業が発展することにより、農村に住む人々が急激に都市へ出て行ったため、農村社会での結び付きも弱まり、それまでのように日常生活をお互いに助け合っていくことができなくなった。さらに、過疎化が進んで、農村の人口が減少したため、生活の基礎として必要な医療や教育の施設までも困難な状況になっていった。一方、都市では、農村の人口が都市に入ってきたため、都市人口が増加し核家族化が進み、他の家族を干渉しないという意識も強まり、住民の組織も形ばかりのものとなり、住民同士の結び付きも弱くなってしまった。現在、高齢化社会が進み、親と子の同居世帯が減少し、高齢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。