人間関係論  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数53
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人間関係論スクーリング試験3題 優評価
    (課題)
    1 人間関係の成立過程に影響を与える要因をいくつか取り上げ、具体例を挙げながらそ
    のプロセスについて説明せよ。
    2 人間関係の維持と崩壊は様々な理論から説明されているが、最も印象に残っている理
    論をひとつあげ、それを説明しながら人間関係の維持と崩壊について説明せよ。
    3 対人葛藤とはどういうものか、どのような解決方略が知られているか、解決方略の選
    択と人間関係の維持・崩壊について説明しないさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人間関係論 オンデマンド・スクーリング試験」
     
    1 人間関係の成立過程に影響を与える要因をいくつか取り上げ、具体例を挙げながらそ
    のプロセスについて説明せよ。
     人間関係は、友人関係、同僚など、さまざま存在するが、人により、この人は合う、合
    わない。好き、嫌いなどといった感情が芽生えて、人との付き合いを行うことにより人間
    関係が成立する。人間関係の成立過程に影響を与える要因として、「人格的・身体的特徴」、
    「類似性・熟知性・近接性」、「報酬性」などがあげられる。
     具体的例として、この人は、思いやりがあり、誠実で優しい、背が高くて、顔がかっこ
    いいなどの、「人格的・身体的特徴」。この人は、自分と好みが同じ、意見が一致する。
    隣の席、隣の部屋に住んでいる。よくこの人を見る(会う)などの「類似性・熟知性・近
    接性」。この人といるといいことがある。自分を評価してくれるなどの「報酬性」である。
     人間関係を成立するためには、これらの要素が複合的に重なり合って成立する。最も多
    く人間関係成立に関係するのが、「近接性や接触回数」であると考える。誰もが初対面で
    は、この人がどのような人物であるか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。