心理学実験Ⅱ 単位認定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数131
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理学実験Ⅱ単位認定レポート 良判定
    (課題)
    系列学習において「なぜ系列位置効果が現れるのか」について文献やスクーリングでの体験などを参考にしながら考察しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学実験Ⅱ  単位認定レポート課題  
    (課 題)
    課題1 系列学習において「なぜ系列位置効果が現れるのか」について文献やスクーリングでの体験などを参考にしながら考察しなさい。
    (解 答)
    系列学習とは、一定の順序で提示された刺激をその順序どおり覚え、再生できるよう
    にすることである。例えば、日常的な作業や音楽を楽譜を見ずに演奏するなどである。この系列学習に関する研究は、エビングハウスが行った「無意味つづり(複数の文字からなる意味を連想しにくい刺激)」を用いた研究(1885)以来、様々な研究が行われている。その結果、一連の系列の中で刺激がどの位置・順序で提示されるかによって、その刺激の覚えやすさが変わることが明らかになっている。これを「系列位置効果」という。「系列位効果」は、最初の方と最後の方に提示された刺激が、中間部で提示された刺激より覚えやすいという結果が示されている。系列の最初の方で提示された刺激の方が中間部の方で提示された刺激より覚えやすいことを「初頭効果」といい、系列の最後の方で提示された刺激の方が中間部で提示された刺激より覚えやすいことを「親近効果」という。また、「系列位..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。