障害児の心理 3単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数25
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害児の心理3単位目 良評価
    (課 題)
    「「(軽度)発達障害」とは何かについて説明しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害児の心理  3単位め  
    (課 題)
    「「(軽度)発達障害」とは何かについて説明しなさい。」
    (解 答)
     軽度発達障害は、読み書きや計算、推論といった特定の能力の習得や使用が著しく困難である学習障害(LD)、授業中に席を離れてしまう、他人のしていることの邪魔をしてしまうなどの特徴がある注意欠格多動性障害(ADHD)、他人とコミュニケーションをとるのが苦手といった特徴がある広汎性発達障害(PDD)がある。これら3つの軽度発達障害について論じる。
     学習障害(LD)は、基本的には全般的な知的に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示すさまざまな障害を示すものである。その原因として、中枢神経に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。主な特徴として、話し言葉の発達の遅れ、空間定位の困難さ、不適切な時間概念、関係判断の困難さ、方向に関する混乱、協応運動のまずさ・手の不器用さ、社会的知覚の困難さ、注意集中困難、多動、指示に従うことの困..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。