障害児の心理 2単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数25
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害児の心理2単位目 優評価
    (課題)
    「「知的障害児」の心理的特徴と学童期の指導について説明しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害児の心理  2単位め  
    (課 題)
    「「知的障害児」の心理的特徴と学童期の指導について説明しなさい。」
    (解 答)
     知的障害の定義として一般的に用いられているのは、米国精神遅滞協会(AAMR)によるものである。AAMRの定義では、「知的障害は、知的機能および適応行動(概念的、社会的および実用的な適応スキルで表わされる)の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力障害である。この能力障害は、18歳までに生じる」とされている。つまり、知的障害とは、「知的な能力の障害」「適応行動の制約」「18歳以前に発症する」という3つの要素を含むものである。
     知的障害の原因として、染色体障害(ダウン症候群など)や代謝障害(フェニールケトン尿症など)といった発生期に生じる原因や、周産期や出生後の外傷や感染症といった原因が考えられるが、多くは、まだその原因が十分に明らかになっていない。AAMRでは、その原因はひとつではなく、生物学的、社会的、行動的、教育的における危険因子の相互関係によるものであるとしている。知的障害の原因を分類して整理することは、その後の教育・療育を開始したり、予防や治療、支援に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。