障害児の心理  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数22
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害児の心理スクーリング試験5題 可評価
    (課題)
    1 障害児と呼ぶことの意義
    2 WHO(2001)ICFの意義
    3 発達とはどういうことか
    4 ADHDの症状について
    5 「気になる子」とはなにか

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害児の心理 オンデマンド・スクーリング試験」
    1 障害児と呼ぶことの意義
    「障害」あるいは「障害児」という言葉は、教育、医学、福祉、心理学などの諸分野で広く利用されている。また、「心身障害児・者」という表現が使われる場合も多い。また、障害という文字が、内包する意味に配慮して「障がい」という表記が使われることも多く目にするようになった。水谷徹は障害児の定義を「心身の機能に持続的な障害があり、そのために特別な配慮が必要な児童」とした。これは、負傷などによる一時的な行動の不自由さを障害と呼ばないのはもちろんであるが、将来回復可能であると予測される場合でも、それが発達に対してかなりマイナスの要因になることが確実な場合には「障害児」と考えることができると推測する。また、「特別な配慮」を考えると、これは、医学的、教育的、心理学的、福祉的な配慮など広範囲の内容を含んでいる。専門性の高い働きかけは、専門機関に任せるべきだということであるが、専門的治療や専門的訓練を行なうなどの「特殊な配慮」までは含む意味合いではないと考える。このことから障害児と呼ぶことの意義を考えると、子どもは発達途上にあるために..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。