家族法 2単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数9
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本女性社会文化問題夫婦家族平等

    代表キーワード

    社会文化家族法

    資料紹介

    家族法1単位目 優判定
    (題名)
    第3章「日本の婚姻制度」について以下の内容を具体的に論じてください。
    (1)再婚禁止期間について、(2)夫婦同氏の原則につて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族法  2単位め  
    (課 題)
    第3章「日本の婚姻制度」について以下の内容を具体的に論じてください。
    (1)再婚禁止期間について、(2)夫婦同氏の原則につて
    (解 答)
    1 再婚禁止期間について
    女性が再婚する場合には、前婚の解消または取消の日から6ヶ月を経過した後でなければならない。この期間を待婚期間または寡居期間ともいう。前婚と後婚があまりに接着すると、再婚後に生んだ子の父が前夫であるか後夫であるかが不明となり、血統が混乱するのを防止する趣旨によるものである。したがって、そのおそれがない場合、例えば、女性が前婚の解消または取消の前から懐胎していた子を出産してしまえばその心配がなくなるから、出産の日から再婚禁止の制限はなくなる。さらに、夫が失踪宣告を受けた場合、離婚した夫とすぐ再婚する場合、夫の生死不明が3年以上という理由で離婚の判決があった場合、離婚後に優生手術をしたとの医師の証明がある場合、受胎能力がないと認められる年齢に達している場合なども同様に再婚禁止期間の制限はなくなる。
    この制度の問題点としては、「男女差別」があるのではないかということである。離婚した男性がすぐ別の女..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。