家族法 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数18
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉民法人権経済社会家族法律問題家族法

    代表キーワード

    民法福祉家族法

    資料紹介

    家族法1単位目 優判定
    (題名)
    第1章の「家族法序論」について以下の内容を具体的に論じてください。
    (1)家族法の特質について、(2)氏と戸籍について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族法  1単位め  
    (課 題)
    第1章の「家族法序論」について以下の内容を具体的に論じてください。
    (1)家族法の特質について、(2)氏と戸籍について
    (解 答)
    1 家族法の特質について
    (1)予定する人間像
    家族法が規律の対象として予定する人間像は、夫婦関係における男女、親子、祖父母や孫といった具体的人間を予定し、年齢・知力・体力・性差等の違いに応じた規定を設けている。近代市民法としての民法は、すべての人間に自由と平等を保障したが、それぞれの人の間に存在する差異を法律上解消するものとして、家族法を設けたのである。そして、家族法が具体的に差異のある人間にそれぞれ異なった規定により平等な能力を付与することにより、財産法ではすべての人間を平等な抽象的存在として扱うことが可能になったのである。
    (2)非合理性・非打算性
       家族法が規律する夫婦、親子、その他の親族との家族的生活関係の発生は、人が本来有している種族保存本能ないし感情によるものであって、非合理的・非打算的である場合が多い。財産法の場合は、利益追求を第一主義としているため合理的・打算的であるといえる。当事者の合意によって成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。