家族法  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    家族法スクーリング試験2題 優判定
    1 成年後見制度の現状と課題について論ぜよ。
    2 被虐待児の救済について、法的視点と福祉的視点について論ぜよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「家族法 オンデマンド・スクーリング試験」
    課題1 成年後見制度の現状と課題について論ぜよ。
     従前、夫婦の一方が禁治産宣告を受けたときは、他の一方は、法律上当然にその後見人となると規定されていた。しかし、現実には配偶者が十分に後見人の任務を果たすことができないことも多く、硬直に過ぎるとの批判があったので、平成11年改正法は、この規定を削除し、家庭裁判所が後見開始の審判を開始するときは、職権で、成年後見人を選任することとした。成年後見人は、成年被後見人の心身の状況、生活・財産の状況、成年後見人となる者の職業、経歴、成年被後見人との利害関係、成年被後見人の意見その他一切の事情を考慮して選任される。また、成年後見人は、事務の適切な運用などの目的のために複数選任できる。さらに、法人も成年後見人になることができるようになったが、この選任にあたっては、その事業の種類・内容、法人およびその代表者と成年被後見人との利害関係を考慮しなければならない。法定後見制度について、新たに成年後見登記制度が設けられ、成年後見開始、成年後見人及び成年後見監督人の選任、さらにはその職務の範囲等、および任意後見契約につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。