ボランティア論 2単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数58
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ボランティア論2単位目 優判定 2000字以内
    題名「ボランティアに関する内容であなたにとって関心のあるテーマを一つ自由に選択し、そのことに対するあなたの自由な意見を述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ボランティア論  2単位め  
    (課 題)
    「ボランティアに関する内容であなたにとって関心のあるテーマを一つ自由に選択し、そのことに対するあなたの自由な意見を述べなさい。」
    (解 答)
    私の地元は宮城県気仙沼市で、東日本大震災の際は甚大なる被害を受けた地域である。震災が発生してすぐに多くのボランティアの方々が駆けつけて、震災復興の活動に尽力を尽くしてくれた。ボランティア活動は現在、規模は当時に比べたら縮小しているが継続して多くの人が活動を行なっている。自分自身が体験した震災時の状況を踏まえて「災害とボランティア」をテーマにし、自身の意見を述べる。
     日本国内において災害が発生した際、今日では、被災地で活動する災害ボランティアは絶対的に必要な存在であると認識されるようになっている。その契機となったのが平成7年に発生した阪神・淡路大震災であり、約140万人ものボランティアが「役に立ちたい」「いてもたってもいられない」などの動機により被災地に駆けつけ、助け合いの精神に基づき自発的な活動を展開し、国内にボランティア活動の重要性・必要性を周知させることになった。災害ボランティアの主な活動内容は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。