心理アセスメント  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数73
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理アセスメントスクーリング試験7題 優判定
    1 正常と異常の基準を5つ整理し、さらに自分の身近な出来事を上げ、それについて「正常と異常」の観点から論ずること。
    2 心理臨床家の視点をまとめ、自分の考えとの共通点と違いについて論ずること。
    3医学モデルと臨床心理モデルと教育モデルの違いについて、自分の考えを入れて論ずること。
    4 心理アセスメントの流れで心理面接についてまとめること
    5 心理面接の中で、具体的にどのような情報を集めることが必要なのか、またなぜその情報が必要で、治療上どう活用されるかについて論じること。
    6 心理テストによるアセスメントについて、詳しくまとめること。
    7 行動観察によるアセスメントについて、詳しくまとめること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「心理アセスメント オンデマンド・スクーリング試験」
    1 正常と異常の基準を5つ整理し、さらに自分の身近な出来事を上げ、それについて「正常と異常」の観点から論ずること。
    正常と異常の基準を5つ上げる。1つは「平均的基準(統計的基準)」である。皆同じことをしているから問題ないだろう。などの考え方のように、多く含まれている事柄を正常とするものである。2つは「病理的基準」である。病気は医師が診断し、診断名が付けられる。しかし、診断名は、文化・社会が異なれば変化してしまうため絶対的ではない。3つは「価値的基準」である。人間は誰もがプライドを持ち自分の存在価値があるからこそ生活している。一人一人の価値観は違うが、社会的価値基準を逸脱してしまった場合異常とみなされてしまう。例として同性愛、不倫などである。4つは「民俗的基準(社会的基準・小集団的基準)」である。人類には、さまざまな文化、民俗があり生活している。それらの人たちは、自らは正常と思っていても、外部からきた人は、見たこともない光景を目にし、異常と判断することもある。これは、家庭生活でもいえることで、食生活であったり、結婚してからのお互いの家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。