福祉心理学論  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数65
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉心理学スクーリング試験5題 優判定
    1 福祉心理学の概要を、「幸せ」と「QOL」の2つのキーワードを入れながら説明せよ。
    2 高齢者の生きがいについてまとめよ
    3 アルツハイマー痴呆と脳血管性痴呆の特徴をまとめよ
    4 徘徊についてまとめよ
    5 高齢者の性についてまとめよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉心理学論 オンデマンド・スクーリング試験」
    福祉心理学の概要を、「幸せ」と「QOL」の2つのキーワードを入れながら説明せよ。
    福祉心理学は、社会的に弱い立場にある人々の心の問題を受容し、理解しながらどのような関わりができるかを探る、「福祉」と「心理」の融合を目指した学問である。世間では物事を2つに分けた方が理解しやすいと思われる。この考えを示したのが今日の我々の生活を変えたとされるデカルトの二分法である。デカルトは、物事を2つに分けて考えれば、物事がうまくいくと考えた。例えば電化製品のスイッチのONとOFFである。しかし、心身論に関してはこの二分法をとらず、心と身体は不可分に結びついて関係し合っているとした。福祉心理学では、「福祉」と「心理学」を分けて考えるのは難しい問題である。「福祉」の分野は分けて考えることができると思われる。しかし、「心理学」の部分は、人間の心に該当する部分であり、また、普遍性がないため分けて考えることは難しい。そのことから、福祉心理学は「福祉」と「心理」の融合を目指したのである。福祉心理学は、福祉の世界に「心理学」の知見を活用し、人々の「生活の質」(QOL..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。