社会心理学  スクーリング試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数47
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理学スクーリング試験4題 優判定 
    1 ある人物に対する印象を修正することの難しさについて認知的倹約家としての人間という視点から考察せよ。
    2 これまでに経験した態度変容について認知的不協和の観点から考察せよ。
    3 援助行動と攻撃的行動に及ぼす状況要因の影響について、具体例を挙げながら考察せよ
    4 少数派と多数派が社会に及ぼす影響について、具体例を挙げながら自分自身の考えを述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会心理学 スクーリング試験」
    1 ある人物に対する印象を修正することの難しさについて認知的倹約家としての人間という視点から考察せよ。
    人は面倒でコストがかかることを嫌う傾向があり、何事にも効率的であろうとする。そのため、認知的処理資源を節約するため、経験知を生かしごく一部の手がかりから直感的に判断し行動する。さらに最近ではさまざまな認知方略を、状況や目的に応じて使い分けているといわれている。このことから多くの研究者が人間を認知的倹約家と評している。ある人物に対する印象を修正することは難しい。対人認知において人は、一般にポジティブに認知する傾向をもつが、否定的情報は目立ち注目される。人の判断においては、社会的に望ましくない情報に重点が置かれる傾向があり、より注目される情報は、印象形成において影響力をもつ。また、ステレオタイプでは、性別、人種、職業、社会層などカテゴリー集団から、人を判断してしまう。ブラジル人はサッカーがうまい。社会的地位が高い人は頭が良い。教師はまじめである。このようにさまざまなカテゴリーにより印象をつけて判断してしまう。次に期待効果である。期待効果とは、行動を観察す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。