福祉と生活 2単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数13
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本福祉労働女性社会介護家族家庭時間

    代表キーワード

    労働福祉と生活

    資料紹介

    福祉と生活1単位目レポート 優判定 2000字以内 
    (題名)
    「家事労働はなぜ減少しているのか。あなた自身の生活とのなかから、その原因と個人や家族の生活への影響について述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉と生活  2単位め 
    (課 題)
    「家事労働はなぜ減少しているのか。あなた自身の生活とのなかから、その原因と個人や家族の生活への影響について述べなさい。」
    (解 答)
     一般に労働は、賃労働と家事労働と分けられる。賃労働とは、物を売ったりするなど働いて賃金(給料)を得る労働である。また、家事労働とは、人間が生きていくうえで生活を維持するために必要な家庭内の労働である。例えば食事を作ったり、住居を掃除したり、生活必需品を買ったりする家庭内の労働である。
     この家事労働にはいくつかの特徴が挙げられる。1つは、労働に対する対価が、賃金として収入を得るわけではない。例えば、家族のために食事を作ったとしても、家政婦や調理師のように給料がもらえるわけではない。次に労働時間と休憩時間の区別が曖昧である。最後に競争原理が働かない。例えば、家事が下手だからといってクビになることはない。また、やめたくなっても毎日の日常生活を支える労働があるために勝手にやめることはできない。
    現代の日本においても、「男は仕事、女は家庭」というように性別によって役割を決めてしまう考え方が根強く残っている。実際に、日本の既..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。