福祉と生活 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数11
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    福祉と生活1単位目レポート 良判定 2000字以内 
    (題名)
    「わが国の少子高齢化現象を説明し、あなたの住む市町村とわが国の高齢化の特色をあげなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉と生活  1単位め 
    (課 題)
    「わが国の少子高齢化現象を説明し、あなたの住む市町村とわが国の高齢化の特色をあげなさい」
    (解 答)
    1 少子高齢化現象について 
    少子高齢化とは、出生率の低下により子供の数が減ると同時に、平均寿命の伸びが原因で、人口全体に占める子供の割合が減り、65歳以上の高齢者の割合が高まることであり、先進諸国共通の現象である。また、高齢化とは、その社会の高齢者(65歳以上の人)の割合が多くなっていくことをいう。そして、その社会自体の高齢化が進むことにもなる。しかし、これは簡単なことではない。アフリカのように厳しい自然環境の中では、多くの人が長生きするのは難しい。社会の中で長生きする人が増えるには、乳幼児や高齢者のように体が弱く病気にかかりやすい人でも生きられるだけの良い環境が整っている必要がある。
    1956年当時、わが国の高齢化率は、まだ5.4%に過ぎなかった。また、この高齢者の割合は、それまであまり大きく変わることはなかった。しかし、その後、わが国の高齢化率は、1970年に7%を超えて「高齢化社会」となった後も伸び続け、1994年に14%を超えた「高齢社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。