生命の科学 2単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数18
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生命の科学2単位目レポート 良判定 2000字以内 
    (題名)
    (A)「ヒトは、感覚器を通して周りの情報を脳に取り込み、情報処理して、それらに応じた行動をする。これらの一連の行為に関して、とくに脳・神経系の機能に着目して論じなさい。」
    (B)「筋収縮の機構と筋収縮のエネルギー代謝について論じなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命の科学  2単位め  
    (課 題)
    (A)「ヒトは、感覚器を通して周りの情報を脳に取り込み、情報処理して、それらに応じた行動をする。これらの一連の行為に関して、とくに脳・神経系の機能に着目して論じなさい。」
    (B)「筋収縮の機構と筋収縮のエネルギー代謝について論じなさい。」
    (解 答)
    (A)「ヒトは、感覚器を通して周りの情報を脳に取り込み、情報処理して、それらに応じた行動をする。これらの一連の行為に関して、とくに脳・神経系の機能に着目して論じなさい。」
    1 神経系の構成
    身体には数多くの器官があり、それぞれ独立して機能を営んでいる。身体各部の各器官が協調を保ち、全身の調和がとれた活動をなし得るのは、神経系の機能による。神経系は、皮膚その他の諸器官で受け入れた外界の刺激や身体内部で起こった諸種の刺激を中枢に伝え、これらの情報を統合して適切な命令を発し、これらの命令を身体各部の筋及び腺などに伝えることによって、生物学的活動を調節している。神経系は外に向かっては外界の状況に適応した身体の反応を引き起こし、内に対しては体内諸器官の連絡・調整を図って、これらを有機的に統合している。
    神経を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。