生命の科学 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数21
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生命の科学1単位目レポート 優判定 2000字以内 
    (題名)
    (A)「誕生時のヒト新生児の身体機能の変化について論じなさい。」
    (B)「ヒト成人の消化器系、呼吸器系、循環器系、泌尿器(排出)系による生命を支える分業システムについて論じなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命の科学  1単位め 
    (課 題)
    (A)「誕生時のヒト新生児の身体機能の変化について論じなさい。」
    (B)「ヒト成人の消化器系、呼吸器系、循環器系、泌尿器(排出)系による生命を支える分業システムについて論じなさい」
    (解 答)
    (A)「誕生時のヒト新生児の身体機能の変化について論じなさい。」
    1 小児の特徴
    わが国では、出生から1カ月未満を新生児期(死亡率が最も高い時期)、1カ月~1歳未満を乳児期、1歳~小学校就学前までを乳児期、小学校~中学校までを学童期と分類している。小児の特徴として、年齢幅以上に成長・発達の幅が大きいこと、さらにその発育に個人差があり、年齢や身長・体重などでは一概に理解や判断ができないことが特徴である。生理学的な特徴の一つに、幼若な小児ほど頭部が大きいことがあり、0歳児は4頭身で、6~7歳は6頭身、成人で8頭身とされている。このことは脳・中枢神経がもっとも先に発達することを意味している。
    2 誕生
    子宮内で成熟した胎児は誕生することにより新生児となるが、この時非常に大きな環境の変化にさらされる。胎児は子宮内で母体に完全に依存して生命を維持していたが、出生と同時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。