生涯発達心理学 3単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数33
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生涯発達心理学3単位目レポート 優判定 2000字以内 
    (題名)
    「発達段階についてのいろいろな説を述べ、それに合わせて、発達課題(エリクソン・ハヴィガースト)について論じなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 発達段階とは
    発達変化は平坦なものではなく、緩急のリズムや節目を持っている。発達過程のあ
    る時期に特定の領域の発達がとくに目立って観察されたり、構造的な変化があらわれたりすることがある。このような顕著な変化、あるいは、ある一定の特徴を手がかりとして発達過程をいくつかの段階に区分することができるが、これを発達段階という。
    2 いろいろな発達段階説
    シュトラッツによる区分
    身長と体重の成長速度に注目し、身長の伸びが目立つ伸長期と体重の増加が目立
      つ充実期が交互に出現するという事実に基づいた区分をした。
    ピアジュによる区分
    思考の発達に注目し、発達の過程は、それぞれの時期に固有の質的構造を基礎に
    もつ4つの基本的段階に区分した。
    コールバーグによる区分
    ピアジュの考えを踏襲して、道徳的判断の発達段階を区分した。しかし、段階と
    年齢を必ずしも明確に対応させていない。
    フロイトによる区分
    リビトー(性本能)が段階をたどって次々と身体の部位に発現し、そのリビトー
      の充足のされた方が後の人格形成の中心的動向を決定づけるとした。
    坂本一郎による区分
    読書傾向を基準とした区分をした。
    ローウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。