生涯発達心理学 1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数36
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生涯発達心理学1単位目レポート 良判定 2000字以内
    (題名)
    「発達とはどういうことか。発達についての考え方の変遷を踏まえて、発達とはどういうことかについて考えなさい。最終的には「生涯発達心理学」という考え方が出てきた経緯について説明しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生涯発達心理学  1単位め  
    (課 題)
    「発達とはどういうことか。発達についての考え方の変遷を踏まえて、発達とはどういうことかについて考えなさい。最終的には「生涯発達心理学」という考え方が出てきた経緯について説明しなさい。」
    (解 答)
    発達とは、人が生まれて死ぬまでの心身の構造や機能に生ずる漸新的・連鎖的変化を表す概念である。個体が発生して環境に適応しながら、死に至るまでの身体的、運動的、情緒・欲求的、認知的、社会的側面の変化過程でもある。従来、発生から青年期までを発達期としてとらえる傾向があったが、最近では、発達は誕生から死に至るまで、人間のライフサイクルでの過程の各発達段階を、心理学の視点から分析する方法が取られている。発達の関連語には、成長、成熟等がある。発達を規定する要因は個人が生得的にもつ素質(成熟)と生後に与えられた環境(学習)の相互作用で発達が形成される。 生涯発達の考え方は18世紀や19世紀にもあったが、ハヴィガーストの発達課題の考え方や、エリクソンの精神分析的な考え方から大きな影響を受けている。フロイトの心理性的理論をもとにしてエリクソンは心理・社会的発達を考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。