人間と教育1単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数54
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    人間と教育1単位目レポート 優判定 2000字以内 
    (題名)
    「人間は「教育的存在」であることを踏まえて「教育」について定義しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間と教育  1単位め  
    (課 題)
    人間は「教育的存在」であることを踏まえて「教育」について定義しなさい。
    (解 答)
     教育は、時代や歴史、場所によって違う。それは、時代によって人々の価値観や文化は違うため、必要とされている知識や人物、教育の仕方も違ってくるのは必然であり、時代によって教育の定義は変化している。カントは「人間は教育されなければならない唯一の被造物である」といった。他の動物の世界にも、たしかに親が子に教え導いていると見受けられる行為がある。しかし、これはあくまで本能的な営みであって、教育と呼べるようなものではない。時代や文化により変化する教育の定義および人間と動物との教育の相違について論じてみたい。
     まず、教育はどのように定義づけられてきたのだろうか。伝統的教育観は、教育における「伝達」という側面を重視した。人間は社会生活を営む。それまでに蓄積された知識や技術を次の世代に伝達することによって、社会の存続をはかってきた。それが教育の原型であろう。この立場を代表するものとしてパウゼンの次の定義があげられる。「教育とは、年長の世代から次の世代への文化財の伝達のことである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。