人格心理学 3単位め

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数16
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人格心理学 3単位目レポート 良判定 2000字以内
    (題名)
    「力動的構造論の一つをとりあげ、その力動的構造論の観点から、心理的不適応の具体例について考察しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人格心理学  3単位め  
    (課 題)
    「力動的構造論の一つをとりあげ、その力動的構造論の観点から、心理的不適応の具体例について考察しなさい。」
    (解 答)
     力動的構造論とは、人体と同じように、人格をいくつかの領域からなる構造としてとらえ、その領域の力動的な関係によってとらえようとする考え方である。利点として、その人の葛藤や不適応状態がよく理解できる。欠点として、領域は研究者による説明概念であり、実証的な研究が難しいのである。力動的構造論の中でフロイトの精神分析理論を取り上げて、心理的不適応の具体例について考察する。
    フロイトは、人間のいろいろな錯誤行動、夢、ヒステリー症状などの研究から、人間の精神活動には、意識上の過程の他に意識下の過程があり、さらに後者には、前意識と無意識の過程があると考えた。さらに人格は、イド(エス)・自我・超自我の3領域からなり、一定の心的エネルギーが3領域に配分される程度によって人格の特徴が生じるとした。心的エネルギーは、身体から取り込まれた本能エネルギー(特に性欲を発現させるエネルギー)と考えられ、リビトーと名づけられた。自我が社会的適応できなくなった場合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。