2016 日本大学通信教育メディア講義_刑法II MA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数62
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年日大通信メディア前期MA刑法IIの最終試験レポートです。参考程度に止めてください。剽窃は厳禁です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2016年通信教育メディア講義 刑法II MA
    最終試験レポート 2016年6月18日
    要約
    財産に対する罪の成否を考える際に民事法上の権利義務関係(あるいは解釈論)にどこまで配慮すべきかについて具体例をあげつつ論述する
    2016年通信教育メディア講義 刑法II MA
    最終試験レポート 2016年6月18日
    要約
    財産に対する罪の成否を考える際に民事法上の権利義務関係(あるいは解釈論)にどこまで配慮すべきかについて具体例をあげつつ論述する
    2016年通信教育メディア講義 刑法II MA 最終試験レポート
    【設問】
     財産に対する罪の成否を考える際に民事法上の権利義務関係(あるいは解釈論)にどこまで配慮すべきか、について、複数の具体例をあげて論じなさい。
     財産罪規定は、個人の財産、究極的には、個人の私有財産の保護を実現するために設けられたものである。財産罪は、窃盗罪(235条)、強盗罪(236条以下)、詐欺罪(246条)、背任罪(247条)、恐喝罪(249条)、横領罪(252条)、盗品等に関する罪(256条以下)、そして、毀棄及び隠匿の罪(258条以下)からなる。
     財産罪の客体には、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。