2016 日本大学通信教育メディア講義_刑法I MA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年日大通信メディア前期MA刑法Iの最終試験レポートです。参考程度に止めてください。剽窃は厳禁です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2016年通信教育メディア講義 刑法I MA
    最終試験レポート 2016年6月18日
    要約
    予見可能性と回避措置の関係を考慮し、具体例を挙げつつ、「過失犯の成立要件」について論述する
    2016年通信教育メディア講義 刑法I MA
    最終試験レポート 2016年6月18日
    要約
    予見可能性と回避措置の関係を考慮し、具体例を挙げつつ、「過失犯の成立要件」について論述する
    2016年通信教育メディア講義 刑法I MA 最終試験レポート
    【設問】
     過失犯の成立要件について、予見可能性と回避措置の関係を考慮し、かつ具体例を用いて論じなさい。なお、メディア授業ならびに教科書でとりあげている事例を必ず1は用いなさい。
     過失犯とは、故意ではなく、過失を成立要件とする犯罪をいう。過失とは、注意義務違反、すなわち、「結果予見義務」と「結果回避義務」に反することをいう。結果予見義務と結果回避義務は、結果予見可能性および結果回避可能性が存する場合に認められるものである。刑法38条1項は、「罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない」と規定しており、過失犯は法律に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。