2016 日本大学通信教育メディア講義_民法II MA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数63
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年日大通信メディア前期MA民法IIの最終試験レポートです。参考程度に止めてください。剽窃は厳禁です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2016年通信教育メディア講義 民法II MA
    最終試験レポート 2016年6月18日
    要約
    【177条論】177条の「第三者」(背信的悪意者排除論)と背信的悪意者からの転得者と177条の「第三者」について
    2016年通信教育メディア講義 民法II MA
    最終試験レポート 2016年6月18日
    要約
    【177条論】177条の「第三者」(背信的悪意者排除論)と背信的悪意者からの転得者と177条の「第三者」について
    2016年通信教育メディア講義 民法II MA 最終試験レポート
    【設問】
    Aは、自己の所有にかかる甲土地と乙家屋(以下、本件不動産とする)を時価相当額にてBに売却した。しかし、買主のBは、本件不動産について、B名義への移転登記を経由していなかった。その事実を知悉した第三者のCは、B名義への登記未了を奇貨として、譲渡人Aから時価よりも著しく安価に本件土地家屋を買い受け、第一譲受人Bに対し、本件土地家屋を時価よりも著しい高値で売りつけて、その差額を得る目的で、譲渡人Aに対してかような目的を説明の上、Aを唆し、本件土地家屋についての売買契約を締結し、A名義の移転登記を経由した。かよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。